スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お遍路1日目

午前中、腹ごしらいも兼ねて
うどん飲んでくるわ。
IMG_0024.jpg カロリー制限?何それ?。

IMG_0025.jpg 1件目 うどん キリン

IMG_0027.jpg 2件目 うどん たも屋

IMG_0031.jpg3件目 うどん とんぼ 

満腹!!・・・ではスタートってもう昼過ぎてるよ。

第1番 霊山寺

さて初お遍路です、事前準備も何もなく
あ〜つの供養の為にお遍路開始です。
まだあ〜つと供養という文字をくっつけたくないんだが
いつまでも私がこんなんじゃいかんのよ。

お寺入り口前に売店のような場所がある
中に入ってみるとなるほど、納経帳やら、白装束の衣装、杖
その他諸々の参拝道具?が売られている。
まるでウ●ザードリイやら●ラクエの道具屋みたいだな
などど罰当たりな感想を一瞬いだきつつも
早速あ〜つの納経帖を購入する。
もうすこしシンプルな良い柄がないかなと思うものの
すでに目の前にお寺がある、今更買わないというわけにはいかん。
きっとこの先に良いものがあるかもしれないが仕方ないか・・?

で、ここまで来て今年は逆打ち(88番から開始)の年ってことなんだが・・・
無論従来通り1番からでもいいらしい・・・。

いいのっ!まっすぐ進むのが好きなのっ!
初めてのことなんだからお行儀よくさせてください(あ〜つのためにも)。

早速お寺に入ってみると結構人が多い・・・
混んでるっぽい?観光客も多いっぽい?

う〜んとにかく先に進もうか。

第2番 極楽寺

仏足石
釈迦が石の上で説法をすると、石に足形が残ったといわれるもので、本堂階 段の上り口にある。

とのことだが、すみません気づきませんでした。
お寺回って納経するだけで必死な私たち、予習も何もなく。

第3番 金泉寺
沙羅双樹
釈迦が入滅したときに、季節はずれの一対のこの樹が花を咲かせ、花びら を降り注いで遺骸を供養したといわれ、かつての大規模な境内の初夏を彩った光景が偲ば れる

見たかった〜、リベンジ対象

第4番 大日寺
鐘楼門
朱塗りの山門で、上部が円柱の鐘楼となっており、
1階は角柱という珍しい造り。

蛤水
かつては、蛤の汁のように
うっすらと白濁した水が湧きだし、
この水を飲むと胃腸によいとされていた。

ハガキになった樹の葉
かつて庭にあった「多羅葉樹」。
葉に爪などで願いごとを刻むと樹液が変色し、
ハガキ代わりになったという。

このような見どころがあるにもかかわらず
大日寺って同じ名前のお寺がこの後も何件かあるんだよね?
程度の私(おバカ)

以後この体たらくは、お遍路全行程の半分近くを消費するまで続く
なので以後は見どころをまとめることにする。

第5番 地蔵寺
第6番 安楽寺

第7番 十楽寺
今までの雰囲気と一風変わったお寺
ここは目にご利益があるってことで
嫁様におねだりして目のお守りを買ってもらった。

第8番 熊谷寺
最初はここで終了して帰るつもりだったんだけど
キリのいい番号までまわりたくなり・・・
明日いっぱいかけて最大限に回ろう。

本日はこれで時間切れ
人生初の「徳島らーめん」いってみよう
IMG_0052_20160626015045ac0.jpg 晩飯 徳島らーめん東大  応神店
生卵トッピングし放題!?
スープくろいわ、まじくろいわ
でも中毒性高い旨さだ!
カロリー制限?何それ?。

徳島道 上坂SAで車中泊

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。